副作用も怖くない!!

アフターピルの副作用も怖くない

私がはじめてアフターピルを服用した時にものすごい吐き気と子宮内をグイグイ締め付けるような痛みに襲われました。

「苦しい・・・」とルームメイトに訴えると「アフターピルの副作用だよ。吐き気止めのお薬飲んだら少しは楽になるよ」と言って吐き気止めをくれました。

「もう二度と飲むものか」アフターピルの副作用があまりにもきつくてそう思っていましたが、その後も何度かお世話になりました(;一_一)

服用していくごとに副作用にも対処できるようになってきて今ではアフターピルを飲んだ後は吐き気止めも一緒に併用して寝ます。吐き気止めの副作用で眠くなってそのまま眠ってしまいます。眠ってしまえば副作用を感じることもないのでこっちの勝ちです!しばらくして清々しく起きることが出来ます。

私はこの方法をもう何年も続けてきました。もちろん毎回アフターピルを服用するのではなくあくまでも基本的には男性側がコンドームを装着して行為に及びますが、酔っ払っていた時や流れでしてしまった時に服用しています。外出しをしていたとしてもがまん汁で妊娠してしまう可能性もあるのでアフターピルを服用します。

それにココ最近は「アイピル」というアフターピルを使用しています。前に使っていたアフターピルは2錠タイプで副作用も強く出ていましたが、アイピルに替えてから副作用もだいぶ落ち着きました。念のため吐き気止めは併用しています。アイピルに替える前は副作用の子宮の痛みで目が覚めることもありましたが、アイピルにしてからは副作用で起きたことがありません。

調べてみたら私が以前使っていたアフターピルは結構強い副作用がでるものだったらいのです。何年もその副作用に困らされていましたが、副作用に悩まされることもなくなりました。他にも今は副作用が抑えられているアフターピルが多数存在するそうですのであなたのお気に入りを見つけてみてください。

避妊は絶対ではない

アフターピルでの避妊は絶対じゃない

私の友人でアフターピルを服用したにも関わらず妊娠をした子が1人います。私も最初はアフターピルを飲んでいれば妊娠は防ぐことはできると思っていたのでその話を聞いた時に驚きました。そして「アフターピルを飲んでいても避妊が完全に防げるわけではない」ということを友人は教えてくれました。

友人はいつものように彼とのセックスを楽しんでいたそうです。カレンダーを見てその日は安全日ということでコンドームをせずに行為をしたそうですが、念のためにアフターピルを飲むことにしたと言います。しかし、アフターピルが切れていたこと忘れていたようで、翌日アフターピルを貰いに産婦人科を受診したと言います。それからやっと服用することができましたが服用したのはセックスが終わってから12時間は過ぎていたと言います。

友人は「安全日だし大丈夫だろう。」と思ったようですが、それから3週間以上たっても消退出血が見られなかったので不安に思い再度、産婦人科を受診し妊娠していることが分かったのです。
友人は医師に安全日だったことを伝えると、「おなじ周期で排卵日がくるわけではない」ということを言われたそうです。

彼女はそれからしばらくして出産をしました。アフターピルの影響もなく母子ともに健康で出産することが出来ました。

私の場合、以前は一夜限りの関係を持ったこともあったので安全日だからと言って妊娠しないわけではないのだということやなるべく早めに飲むことが大切なのだと痛感しました。

皆さんも妊娠を望んでいないのならセックスをする際にはしっかり避妊をしましょう。私はアフターピルを服用して失敗したことはないのですが、身近にアフターピルを服用しても妊娠してしまった人もいるので日ごろから気をつけています。妊娠を防ぐためにもアフターピルをすぐに服用できるよう備えておいた方がいいでしょう。