2015年度下半期放送の「あさが来た」について

朝ドラというよりも幕末を生きたヒロイン「あさ」のお話なので、大河ドラマとしても見られそうな内容でした。

 

子役時代から引き付けられ、あさの子供時代とあさの娘役(幼少期)を演じた鈴木梨央ちゃんの演技が光っていました。

 

しかし同一人物が演じていますが幼少期のあさはおてんば。

 

娘の千代はおしとやかな女の子と正反対な性格で、梨央ちゃんの演技力の高さが分かりました。

 

あさは非常に好奇心旺盛で女性でありながら勉強が大好きというとても魅力的なキャラクターでした。

 

良家のお嬢さんなので着ている着物もゴージャスで見ているだけで華やかですし、美人な波瑠さんによく似合っていました。

 

姉の「はつ」も最初こそは言いたいことがはっきり言えないお嬢様なキャラクターかと思いましたが、嫁いでからはしっかりした面を見せていましたし、いけずな姑に物申すくらいでした。

朝ドラ 子役

この朝ドラにはあまり受け身のお嬢さんというキャラクターはあまりいなかった印象があり、みなそれぞれに自分を持っていたように思えます。

 

のちに夫となる新次郎とはかなり年齢差がありましたが、最初こそ色々あったものの、良い夫婦としてやっていました。

 

へらへらした遊び人なところが仕事熱心なあさと正反対で見ていて面白かったです。

 

またこの作品で大人気となったディーンフジオカさん演じる五代もかなりインパクトのあるキャラクターでディーンさんにぴったりでした。

 

モデルとなった人もカッコ良い人だったようなので、シュッとしているディーンさんによく合っている人物でした。

 

あさと恋愛関係になりそうでならない絶妙なところも良かったと思います。

 

大阪のお話だからか芸人さんも重要な役柄で出てらっしゃり、あさ姉妹の付き人である「うめ」はかなりいい味を出しているキャラクターでした。

 

それは演じているのが友近さんだからというのもあるのだと思いますが、演じているのが友近さんだから関西弁も自然ですし、あさの良き相談相手にもなってあげていて第二のお母さんのようでした。

 

個人的にはうめにも思い人と一緒になってほしかったですが、独り身なまま終わってしまったのは残念でした。

 

また、メインキャラクター以外が年の差婚をしたりもしていました。

 

当時はそんなに珍しくなかったのかもしれませんが、どう見ても親子にしか見えない2人が結婚すると行ったときにはなかなか衝撃がありました。

 

しかしそれを気持ち悪いと思わず、純粋に「おめでとう!」と受け入れられるところはこのドラマのすごさだと思います。

 

2018年11月26日 2015年度下半期放送の「あさが来た」について はコメントを受け付けていません。 あさが来た