現在放送中の「まんぷく」についての感想

現在放送中の朝ドラの「まんぷく」ではようやく戦争が終わり、克子姉ちゃんの旦那さんも復員してきました。

 

咲姉ちゃんの旦那さんも無事に帰ってくると良いのですが、それは今後の放送の中で明らかになるでしょう。

 

克子姉ちゃんには4人の子供がいますが、一番上の女の子はかなり大人っぽい感じがします。

 

の子の演技力が上手いのか、一人前の俳優さんとして見ることができます。

 

今回の朝ドラでは主人公の子役時代が出てこなかったのですが、この展開も珍しいかもしれません。

朝ドラ 子役

女学生時代から始まっているので、今のところは突然時代が飛ぶということも今のところはありません。

 

「まんぷく」では戦後の話の方が長いので、これから日本がどんどん復興していく様子を見られると思います。

 

最初のインスタントラーメンは昭和30年代に発売になっているようなので、戦後からそれほど経っていないような気がします。

 

ドラマの中に出てくる屋台のラーメンも美味しそうですが、やはり戦後すぐの時は具が何も乗っていなくて、麺だけの質素なものでした。

 

物不足の時代でしたが、闇市はかなり賑わっていたようです。

 

萬平さんはハンコを作り始め、それが当たってどんどん儲かるようになります。

 

確かに自分を証明する物が何もないと、困ることがたくさんあります。

 

当時も罹災証明書のようなものは、役所から発行してもらっていたと思いますが、それだけでは自分の身分を証明するには難しかったのかもしれません。

 

今のように日本の一部が災害に遭っているわけではなく、全国が同じような状態でした。

 

空襲を受けていない、山間部を除けば、ほとんどの地域が何らかの戦争の影響を受けていたと思います。

 

克子姉ちゃんの家に泥棒が入りましたが、復員兵の中には家族も家も全て失ったこの泥棒のような人がたくさんいたのだと思います。

 

私は戦後の時代に描かれた漫画を読んだことがありますが、やはり復員兵や泥棒のことがけっこう話題になっていました。

 

ハンコの商売もこのままずっと上手くいくとは限らないと思います。

 

萬平さんは発明家なので、これからもいろいろなものを発明していくのではないかと思っています。

 

その延長線上に、インスタントラーメンを作る発明があるのだと思います。

 

今は目の前のことに一生懸命で、その日暮らしのような生活ですが、毎日頑張って進んでいけば、次第に先が見えてくるでしょう。

 

時代が変わっても、その姿勢はあまり変わっていないと思います。

 

私も先のことを考え過ぎることがありますが、福ちゃんたちのように、まずは目の前のことをコツコツと積み重ねていきたいと思っています。

2018年11月21日 現在放送中の「まんぷく」についての感想 はコメントを受け付けていません。 まんぷく