朝ドラ「花子とアン」は子役の演技力の賜物

朝ドラ「花子とアン」は山梨県甲府の貧しい農家に生まれたはな(後に花子と名乗るようになる。

 

以外、花子と記載)が勉学ひいては英語を学び、その虜となり、作家・翻訳家として活躍、日本語版「赤毛のアン」を出版するまでを描いた物語です。

 

子役の山田望叶ちゃんの真っ直ぐな田舎娘っぷりがかわいらしく、一週目から引き込まれます。

 

父に期待され、東京のミッションスクールに入れられたものの、英語の勉強についていけない花子が外国人教師が英語の歌を美しい声で歌うのを聞いた花子が心を強く揺さぶられ、英語に心引かれ、将来の職業・翻訳家への扉が開かれていくエピソードは山田望叶ちゃんの演技力あってこそだと思われます。

 

成長してからの花子を演じている吉高由里子さんの英語の堪能さと頻繁に出てしまう山梨の方言のギャップは微笑ましいです。

 

花子と夫・村岡(鈴木亮平さん)の息子・歩(横山歩くん)の聡明さや想像力の豊かさを見せる演技も素晴らしかったです。

 

横山歩君所属のテアトルアカデミー

 

雨で楽しみにしていた海へ行けなくなった時に花子に即興で聞かせてもらった雨の大切さを訴えるお話の感想「雲は雨を降らせて消えた後にお別れとして虹になる」や「自分は天国から花子を見つけて彼女の子どもになりたいと神様に頼んで村岡家に生まれてきた」は後の悲しい別れを暗示する名セリフで、「もっと見ていたい」と思わせる本当に良い子役だと思いました。

 

そして、この「花子とアン」には歌人・蓮子(仲間由紀恵さん)がWヒロイン的な立場で登場し、左翼学生との許されぬ恋など激しい生き方にも魅了されます。

 

吉高由里子さん・仲間由紀恵さんの他の出演者も今にしてみるとすごく豪華で現在、大河ドラマ「西郷どん」で主演を務めている鈴木亮平さん、後の朝ドラ「まれ」で主演を務めた土屋太鳳さん、人気女優の黒木華さん、高梨臨さんが出演しています。

 

中でもいつも元気いっぱいのイメージの強い土屋太鳳さんが薄幸の妹役を演じているのですが、意外に似合っていると感じられます。

 

オープニングテーマを歌う綾香さんの歌声、美輪明宏さんの落ち着いた語りも朝ドラにふさわしいと思います。

 

仲間由紀恵さんが演じる蓮子と左翼学生・龍一が抱き締め合うシーンで美輪明宏さんが歌う「愛の讃歌」が流れるのですが、そういうところに朝ドラスタッフの遊び心の様なものが感じされて、ニヤリとしてしまいます。

 

またミッションスクールでの花子たちの袴姿など大正ロマンも見所の一つだと思います。

2015年度下半期放送の「あさが来た」について

朝ドラというよりも幕末を生きたヒロイン「あさ」のお話なので、大河ドラマとしても見られそうな内容でした。

 

子役時代から引き付けられ、あさの子供時代とあさの娘役(幼少期)を演じた鈴木梨央ちゃんの演技が光っていました。

 

しかし同一人物が演じていますが幼少期のあさはおてんば。

 

娘の千代はおしとやかな女の子と正反対な性格で、梨央ちゃんの演技力の高さが分かりました。

 

あさは非常に好奇心旺盛で女性でありながら勉強が大好きというとても魅力的なキャラクターでした。

 

良家のお嬢さんなので着ている着物もゴージャスで見ているだけで華やかですし、美人な波瑠さんによく似合っていました。

 

姉の「はつ」も最初こそは言いたいことがはっきり言えないお嬢様なキャラクターかと思いましたが、嫁いでからはしっかりした面を見せていましたし、いけずな姑に物申すくらいでした。

朝ドラ 子役

この朝ドラにはあまり受け身のお嬢さんというキャラクターはあまりいなかった印象があり、みなそれぞれに自分を持っていたように思えます。

 

のちに夫となる新次郎とはかなり年齢差がありましたが、最初こそ色々あったものの、良い夫婦としてやっていました。

 

へらへらした遊び人なところが仕事熱心なあさと正反対で見ていて面白かったです。

 

またこの作品で大人気となったディーンフジオカさん演じる五代もかなりインパクトのあるキャラクターでディーンさんにぴったりでした。

 

モデルとなった人もカッコ良い人だったようなので、シュッとしているディーンさんによく合っている人物でした。

 

あさと恋愛関係になりそうでならない絶妙なところも良かったと思います。

 

大阪のお話だからか芸人さんも重要な役柄で出てらっしゃり、あさ姉妹の付き人である「うめ」はかなりいい味を出しているキャラクターでした。

 

それは演じているのが友近さんだからというのもあるのだと思いますが、演じているのが友近さんだから関西弁も自然ですし、あさの良き相談相手にもなってあげていて第二のお母さんのようでした。

 

個人的にはうめにも思い人と一緒になってほしかったですが、独り身なまま終わってしまったのは残念でした。

 

また、メインキャラクター以外が年の差婚をしたりもしていました。

 

当時はそんなに珍しくなかったのかもしれませんが、どう見ても親子にしか見えない2人が結婚すると行ったときにはなかなか衝撃がありました。

 

しかしそれを気持ち悪いと思わず、純粋に「おめでとう!」と受け入れられるところはこのドラマのすごさだと思います。

 

「あさが来た」は、脚本も俳優も最高でした!

私の中で、朝ドラといえば「あさが来た」。

 

俳優の宮崎あおいさんが登場するので見始めた朝ドラでしたが、主人公の波留さん、夫役の玉木宏さんなど、演技派ぞろいの朝ドラで、ストーリーも面白く、どんどん引きこまれた作品です。

 

特に主人公・あさの子役時代を演じた鈴木梨央ちゃんの演技力には感服しました!子役と言うと、話し方がわざとらしかったり、笑顔や泣き顔が不自然だったりすることが多いですが、鈴木梨央ちゃんは、婚約者に会いに行くときの仏頂面も、そろばんをもらって嬉しそうにはしゃぐ姿も、とても自然でわざとらしさが感じられませんでした。

 

将来、立派な女優さんになるであろうことを予感させる子役でした。

 

「あさが来た」は、妹のあさの人生を主軸に、夫との出会いや、事業を担っていく姿などが描かれています。

 

あさの男性よりも抜きんでた行動力は、私にとってはうらやましい限りでしたが、その存在がまぶしすぎて、自分と重ね合わせるのは正直難しかったです。

 

一方、姉のはつは、結婚しながらも婚家がつぶれ、貧しく苦労の多い人生を送ります。

 

意地悪な姑や夫の行方不明に悩む人生ですが、子どもをしっかり育てながら家庭を支える芯の強い女性です。

 

妹のあさと比べると派手さのない人生ですが、私としては社会的に一大事業をなしとげたあさよりも、一家を静かに支えた姉のはつの方に、憧れを抱きました。

朝ドラ 子役

もしかしたら、社会で活躍する人はあさの方に、主婦として家庭を支える人ははつの方に、感情移入しやすいのかもしれないな、と思います。

 

「あさが来た」では名シーンがたくさん登場します。

 

主人公のあさと夫とのシーンだけでなく、姉のはつとその夫とのやりとりや、あさのお付きの女中と番頭さんの恋、あさが尊敬する五代友厚など、数え上げればきりがありません。

 

その中で、私が一番好きな場面をあげるとすると、それは最終回です。

 

老年を迎えたあさが、屋外で自分の子どもや孫たちと話をしている最中に、亡くなった夫が遠くから呼ぶのが聞こえます。

 

杖をつきながら急いで走っていくあさが、いつの間にか若返った姿になり、黄色い花畑の真ん中で、若いころの夫に向き合います。

 

その前日の放送で、夫の死に涙するあさが描かれていただけに、この最後のシーンを見て思わず涙が出てしまいました。

 

また、表舞台で活躍するのが男性中心であった社会の中で、いち早く女性として活躍してきたあさが、「やわらかい心を持つことの大切さ」を説くシーンも、胸にジーンときました。

 

映像の美しさとも相まって、私の中では忘れられない名シーンです。

 

朝ドラのまんぷくが今の朝の楽しみ

今回の朝ドラのヒロインの福子役の安藤サクラが柔らかい感じで好印象。

 

母親との掛け合いが面白い。

 

万平を良く思ってない母親は色々言うけど、みんなは聞き流している所が本当に面白い。

 

戦争中の内容は辛いこともあったけどその辛い中でも楽しくしている所を見てホッとした。

 

勝子家族の子供達もみんな良い子で万平が始めたはんこ屋を母親と頑張っている。

 

旦那さんは絵描きで戦争で目がやられて色が分かりにくくなったけどそれで描いてる絵は芸術的でステキだと思った

 

将来売れっ子になるのか楽しみだ。

 

万平は塩を作ると言い出し、試行錯誤している。

 

発明家の万平は考えたら寝る間も惜しんで夢中で計画を立てていた。

 

今は何でも揃ってるから発明しようと思ってもだいたい揃ってるからそんな気も起きない。

 

昔は今じゃ当たり前の事も大変な事だと思った。

 

何をするにも大金がかかってその分をちゃんと取り戻せるかも分からないのに、それをしようとする万平を否定せずに応援する福子は凄いし妻の鑑だ。

 

私には真似出来ないが。

 

従業員も、沢山連れてきて福子がこれから大変だと思った。

 

昔の300円の価値は今はどれくらいなのだろう。

 

現代だったらあんな大人数をいきなり連れてきて住み込みで働くなんて言い出したら即離になるだろう。

 

昔の女性は我慢強いんだな、と思った。

 

福子の母親は孫の顔がみたいとずっと言っている。

 

気持ちは分かるけどお金のことを考えたらすぐには作れないことよく分かる。

 

新しい土地に引っ越して良い環境で孫の顔を見せれる日が来ると良いと思う。

 

でもその前に塩作りを頑張って従業員もちゃんと使って給料も払って子供に充てられるお金が貯まるのにどれ位かかるのか他人事でも心配になる。

 

昔はそんなに塩が貴重だったなんて今じゃ考えられないけど塩作りが成功すればきっと凄い大金持ちになるんだろうな。

 

どうなるかも見物だ。

 

朝ドラは実は久しぶりに見た。

 

今回は安藤サクラが好きで見始めたけど凄く面白いからハマってる。

 

紅白でだいたい毎年その年の朝ドラの寸劇があるからそれも密かに期待している。

朝ドラ 子役

色々と展開があったまんぷくがこれからさらにどうなっていくのだろう。

 

毎朝の今の楽しみになっている。

 

それぞれの家庭のドラマもどうなって行くのか、期待してみる。

 

そして福子の母親に孫の顔を見せてあげれるのか、そして万平のことを気に入る時が来るのかそれもとても見物だ。

 

ご飯を食べられるありがたさ、当たり前のように使う塩もこれから大事に頂こう

朝ドラ「まんぷく」にはまってます

NHKの朝ドラを最後まで見続けることがなかなか無いのですが、「まんぷく」は放送1週目から吸い込まれるようにはまってしまいました。

 

朝ドラにはまるのは本当に久しぶりなことですし、周りにも録画してでも毎日見ている人が多くて驚いています。

 

「まんぷく」といえば放送前から期待の高かった、主人公「福子」を演じる安藤サクラの演技力の高さと、夫「萬平」を演じる長谷川博己のベストキャスティングです。

朝ドラ子役

それに加え、福子の家族に母親役の松坂慶子、長姉に内田有紀と夫の大谷亮平、次姉に松下奈緒と夫の要 潤と周りは豪華なキャスティングで囲まれています。

 

周りの友人や仕事仲間も個性豊かな俳優陣が揃っていて、彼らとの掛け合いのテンポが良く、NHKの朝ドラ感を良い意味で感じず楽しめるシーンも多いです。

 

結構、家族のドタバタが描かれているのですが、実力派の俳優陣が主人公の「福子」と「萬平」の存在感を打ち消すことなく、いい感じでポジショニングしてるので これも楽しめます。

 

また、かなり早い段階で内田有紀演じ長姉が結核で亡くなってしまうのですが、まさかという思いを見事に裏切って内田有紀が早々に消えていってしまったことがとても衝撃的でした。

 

この思い切った設定も面白いと思いました。

 

実在の人物をモデルにした作品ということで、ストーリー自体は「主人公が成長し、成功していく」という朝ドラならではなものです。

 

妻の「福子」は色んな商いにどんどん挑戦する発明家の夫「萬平」に振り回されながらも文句一つ言わずに従いますが、それは「夫が大好きだから」いう単純な理由で、また、夫と共に歩んでいくパートナーとしてさりげなくエールの言葉を送り続ける姿が、ストーリーが昭和初期の設定にもかかわらず、現在の私達でも好意的にこの夫婦を見れるのだと思います。

 

あと、ナレーションが子役で大人気の芦田愛菜です。

 

高い演技力を考えると、彼女自身がドラマに出ていて当然だと思うのですが、まさかのナレーションを担当していて驚きました。

 

声を聞けば確かに芦田愛菜と分かるのですが、中学生の彼女が担当しているとは思えないほど 上手に自分の存在感を消して、ストーリーに溶け込んでいる様はさすがです。

 

「福ちゃんは?」と優しい語り口を聞くと、それだけでほっこりした気分になります。

 

これからストーリーはどんどん展開していきますが、放送時間の15分があっという間に感じて、毎日、次の放送が楽しみで仕方ありません。

 

半年間、楽しんで過ごせそうです。

 

現在放送中の「まんぷく」についての感想

現在放送中の朝ドラの「まんぷく」ではようやく戦争が終わり、克子姉ちゃんの旦那さんも復員してきました。

 

咲姉ちゃんの旦那さんも無事に帰ってくると良いのですが、それは今後の放送の中で明らかになるでしょう。

 

克子姉ちゃんには4人の子供がいますが、一番上の女の子はかなり大人っぽい感じがします。

 

の子の演技力が上手いのか、一人前の俳優さんとして見ることができます。

 

今回の朝ドラでは主人公の子役時代が出てこなかったのですが、この展開も珍しいかもしれません。

朝ドラ 子役

女学生時代から始まっているので、今のところは突然時代が飛ぶということも今のところはありません。

 

「まんぷく」では戦後の話の方が長いので、これから日本がどんどん復興していく様子を見られると思います。

 

最初のインスタントラーメンは昭和30年代に発売になっているようなので、戦後からそれほど経っていないような気がします。

 

ドラマの中に出てくる屋台のラーメンも美味しそうですが、やはり戦後すぐの時は具が何も乗っていなくて、麺だけの質素なものでした。

 

物不足の時代でしたが、闇市はかなり賑わっていたようです。

 

萬平さんはハンコを作り始め、それが当たってどんどん儲かるようになります。

 

確かに自分を証明する物が何もないと、困ることがたくさんあります。

 

当時も罹災証明書のようなものは、役所から発行してもらっていたと思いますが、それだけでは自分の身分を証明するには難しかったのかもしれません。

 

今のように日本の一部が災害に遭っているわけではなく、全国が同じような状態でした。

 

空襲を受けていない、山間部を除けば、ほとんどの地域が何らかの戦争の影響を受けていたと思います。

 

克子姉ちゃんの家に泥棒が入りましたが、復員兵の中には家族も家も全て失ったこの泥棒のような人がたくさんいたのだと思います。

 

私は戦後の時代に描かれた漫画を読んだことがありますが、やはり復員兵や泥棒のことがけっこう話題になっていました。

 

ハンコの商売もこのままずっと上手くいくとは限らないと思います。

 

萬平さんは発明家なので、これからもいろいろなものを発明していくのではないかと思っています。

 

その延長線上に、インスタントラーメンを作る発明があるのだと思います。

 

今は目の前のことに一生懸命で、その日暮らしのような生活ですが、毎日頑張って進んでいけば、次第に先が見えてくるでしょう。

 

時代が変わっても、その姿勢はあまり変わっていないと思います。

 

私も先のことを考え過ぎることがありますが、福ちゃんたちのように、まずは目の前のことをコツコツと積み重ねていきたいと思っています。

現在、再放送中の「べっぴんさん」についての感想

現在、BSで「べっぴんさん」を再放送しています。

 

現在は戦後の闇市などの様子が出てきて、まだまだ復興には時間がかかりそうな状態です。

朝ドラ 子役

私はこの朝ドラの本放送も観ていたので、改めて今回、観直しているような感じです。

 

主人公のすみれはまだ旦那さんが復員してきません。

 

しかし、親友の二人には旦那さんが帰ってきて、今の状態は仕事よりも家庭を優先しています。

 

このあと、一度は仕事から離れた二人も復帰してきますが、今の段階ではすみれと明美さんの二人だけになってしまいました。

 

明美さんは何かと自分のことを不幸だと思っていて、あさやさんにそれをたしなめられる場面が何度かあります。

 

確かに明美さんは使用人の娘ですが、看護婦さんで英語も堪能です。

 

彼女はかなり優秀なので、他の3人にも全く引け目を感じることはないと思います。

 

彼女の生い立ちがそうさせてしまっているのかもしれませんが、彼女のこのネガティブ思考が、ますます状況を悪化させてきたようにも感じてしまいます。

 

しかし、明美さん自身が性格をポジティブに変えていけるようになったのも、もしかしたら菫の影響かもしれないと思いました。

 

かなり後になって、明美さんは栄輔さんと一緒になります。

 

ですが、今のところ、栄輔さんはすみれに夢中ですが、それは戦争で亡くなった妹と重なる部分があるからかもしれないと思いました。

 

身内が誰も居ないという点では、明美さんと栄輔さんは同じ境遇だと思います。

 

すみれのお母さんはとても刺繍が上手な女性でした。

 

すみれもすみれのお姉さんも服飾関係の仕事に就きますが、やはりこの影響は両親から受け継いでいるものだと思います。

 

すみれの子役の子は大人になったすみれと同じく、発言するまでに時間がかかってしまうところがありました。

 

朝ドラのヒロインは元気いっぱいな女の子が多かったので、今までとは違う大人しい印象がありました。

 

すみれは子供のころ、刺繍が上手くなりたいと一生懸命に頑張ったことが、彼女の一生の支えになりました。

 

私はこの朝ドラの影響を受け、新たに刺繍を始めました。

 

刺繍という新しい趣味に出会って、今までとは違う世界を見ることができました。

 

年齢を重ねていくうちに、新たに始めることはどんどん少なくなってしまいます。

 

仕事に関係したことであれば、仕方なく新しく始めることもあります。

 

しかし、全くの趣味となるとやはり何らかのきっかけがあり、自分もやってみたいと思わないとなかなか始めることはできません。

 

私はべっぴんさんの本放送を観ていた頃、何か新しい趣味を見つけたいと思っていました。

 

ですが、最初の頃は刺繍が難しくて長続きはしないだろうと思っていました。

 

それでも刺繍の道具を手に入れたことで、とてもやりたい気分になってしまい、最初はかなり一生懸命に刺繍をやっていました。

 

今回再放送を観て、刺繍に対してのモチベーションが新たに高まるような気がしています。

杏、東出昌大主演の朝ドラ「ごちそうさん」について

ごちそうさんはタイトルからして食べ物関係のお話ということが分かりますが、飯テロ朝ドラといってもいいと思います。

 

それくらい毎回登場する食べ物が魅力的でとてもおいしそうに映っていました。

 

ヒロインのめ以子は東京でレストランを経営する両親のもとに生まれた娘なので、いろんなおいしいものが食べられます。

 

特に子供時代の食べ物に対する執着が半端なかったです。

 

幼少期のめ以子を演じた子役の豊嶋花ちゃんは良くも悪くもその意地汚さをよく表現していました

 

家で出されるものだけでは物足りず、お供え物にまで手を出すあたりは子供らしいなと思いました。

 

一方でもうすぐ亡くなってしまうかもしれないおばあさんのために幼なじみの源ちゃんと一緒に必死に探す苺を探す様子は見ていて感動的でした。

 

しかしドブらしきところに苺は落ちてしまったので、よく洗ってからあげていましたが、あれが原因で亡くなってしまった気がします。

 

しかしそういうところは突っ込んではいけないのでしょう。

 

め以子が女学校に通う頃になってから杏さんが演じ始めましたが、ハイカラさんルックがよく似合っており華やかでした。

 

また、なんでもおいしそうに食べる姿が見ていて気持ちよく、食べることの大切さを教えてくれた朝ドラだったと思います。

 

食べ物は和食や洋食や現代の今と負けないくらいバリエーション豊かで「今日は何食べよう」とか「明日は何食べよう」と視聴者側の食欲も刺激させてくれました。

 

東出さん演じる悠太朗が登場してから恋するめ以子や、自分が食べることから誰かを食べさせる喜びを知るめ以子などが出てきてさらに面白くなっていきました。

 

また悠太朗とのユニークなかけあいが楽しかったです。

 

悠太朗が食べられなかったものを見事に食べさせるようになったり、昼が楽しみになるような工夫をしたりと、ドラマを見ていてめ以子はいろんなひとを幸せにできる子なんだと思えてきました。

 

また幼なじみの源ちゃんがいい味を出していて、よく少女漫画でありそうな悠太朗とめ以子を取り合うお決まりなパターンにならないのもよかったです。

 

源ちゃんを演じた和田さんは関西出身ではありませんが、かなり関西弁が自然で違和感なく見ることができました。

 

め以子の姑を演じたキムラ緑子さんがまた魅力的でした。

 

ただいけずじゃなく、ユーモアをまぜたいけずというところが視聴者側もただ嫌な気分になるだけで終わらなくてすみました。

朝ドラ子役

メインキャラクターだけでなく脇のキャラクターも魅力的で、隅から隅までたっぷり愛情を注いで丁寧に作られた朝ドラでした。